肩こりからくる睡眠障害

最近睡眠の質が悪い!と感じているそこのあなた。
実はその原因は、肩こりにあるのかも?

肩こりが原因で、睡眠障害になってしまうこともあるってご存知でしたか。
肩こりは肩だけに留まらず、様々な不調を引き起こします。だから早期に解決していくことが大切です。
しかしながら、どうして肩こりと睡眠が関係しているのでしょうか?

<h2>肩こりの痛みで眠れなくなるから</h2>

肩こりに激しい痛みを伴う場合、その痛みが原因で不眠になってしまう人たちもいます。例えば虫歯になって歯が痛む時も、痛みで眠れなくなることってありますよね。それと同じ、肩の痛みもひどすぎると眠れなくなってしまうほどになります。

いったん眠れたと思っても、また痛みで起きてしまうという悪循環を引き起こしてしまい、熟睡できません。こんなのが数日も続いたら睡眠の質も落ちていって、当然不眠症になってしまいます。

<h2>睡眠障害にならないためにも早めの処置を</h2>

眠れない日々が続くなんて、誰にとっても好ましくないでしょう。
肩こりに激痛を抱えている人は、早期に対応する必要があります。その痛みを我慢せず、頼れるところに頼ってみるといいです。

肩こり解消のためのセルフマッサージのやり方が紹介されていることもありますが、自分で誤ったようにやってしまうと、逆効果となってしまいます。やはり専門家に診てもらい、症状や改善法について正しく学ぶのがいいでしょう。


整体院で肩こりが治ったという人もいらっしゃいます。必ずしも病院でなくても、整体院を頼ってみるのも、選択肢の一つです。