その肩こりは首の張りから!?

首がこってしまうと、同時に肩こりまで発生しやすいです。
現代はスマホを多用して、首が下にたれた状態が長時間続いてしまうと、首が張るだけでなく、肩にまで負担がかかってしまいます。

あるいは、肩こりではなく「首のこり」だったというケースもあります。

肩こりや首の張りはスマホ使用時の姿勢が原因?

スマホをずっと使っていると、首あるいは肩が緊張してきませんか?
首や肩付近の筋肉は、実はもともとかたくて伸びにくいといった性質を持っています。
この部分を長時間酷使していると、さらに硬直してかたまってしまいます。

肩こりだと思っていたが実は首のこり?

あなたが悩んでいる肩こり、実は肩こりではなく「首のこり」である場合もあります。
これを調べるためにも、まずは首の鎖骨の上部を押してみてください。

ここにもしも痛みを感じたら、首の筋肉に大きく負担がかかっている証拠ともとれます。

さらに自分の肩を見下ろしてみて、スマホをよく持つ側の腕の肩が前面に出ていたなら、小胸筋が収縮しているサインです。
スマホの多用を抑えると緩和されてくると考えられます。

首の張りや肩こりの対策としておすすめなのは?

肩を大きく回してほぐすだけでも、筋肉の負担は緩和されます。
適宜休憩して、首周りの筋肉をよくほぐすようにしましょう。

お仕事やプライベートで、どうしてもスマホやパソコンを使うシーンが増えてしまう人もいるでしょう。
完全にやめるのは難しいでしょうから、休憩をこまめにはさむことが大切です。