その肩こり腕の疲れかも!?

ガチガチで痛い肩こりにお悩みではありませんか?

肩こりの原因は人それぞれで異なっていますが、腕の疲れから来ている場合もあります。
腕の疲れを取り除いて軽くすると、肩こりの症状まで軽くなるというのです。

デスクワークが長いと腕が凝ってしまうことがある?

仕事柄、デスクワークが多いという人は、現代たくさんいますよね。
しかしそのデスクワークが引き金となって肩こりになるケースも多々あります。
長時間のデスクワークは、少なからず肩に大きな負担がかかってくるわけですが、腕もこりやすくなっています。

肩甲骨を柔らかくして腕の疲れをほぐそう

肩甲骨を柔らかくすると、肩こりが緩和されるという話を聞いた人もいるでしょうが、これはあながち嘘ではありません。そのため、実践してみることをおすすめします。
肩甲骨は腕とセットで動く部分でもあるため、肩甲骨を回して柔らかくするということは、すなわち腕の凝りも解消できるということです。

デスクワークでは、腕にも疲れがたまっています。そのため、腕の凝りを解消していくことも大切です。
腕の凝りが解消できた途端、肩こりまで回復してきたという人は、意外とに多いものです。

そもそも肩こりには、肩甲骨がかたくなってしまうと、当然腕の働きもにぶくなってしまい、ガチガチになってしまいます。

だこらこそ「ほぐす」というプロセスが重要です!
意識的に腕の筋肉を鍛えるようにするといいいでしょう。

肩甲骨はがしのストレッチもたくさん紹介されているので、こちらも参考になるはずです。